« おいしい水 | トップページ | 甘味遭遇戦 序説 »

2005年5月27日 (金)

さっぱり系甘味

やまけんの出張食い倒れ日記on 2003年11月12日 00:26

門前仲町の深川不動尊の参道にある「ペリニィヨン」である。変なところにィがついているが、あくまで「ペリニィヨン」だ。ここの何が美味いかというと、ペリニィヨンロールというロールケーキが見事にバカ旨なのである。
 直リンクできないので、詳細はブログ内検索を使ってください。
fruitrollcake1
 ←クリックすると拡大できます。
 ……うううう。

fruitrollcake
 クリックすると拡大できます→

 ベストセラー(になったと思う)『やまけんの全国出張食い倒れガイド』の著者<やまけん>こと山本謙治さんの縄張り内に、取引先と机がある私としては、是非食べてみたい甘味だった。
 そばの<元祖あげまん>や煎餅屋さんは御使い物としてよく使っていたのに、もう10年以上気がつかなかった。まあ食べ物屋さんとの出会いは、意外とそんなもの。不味いものにあたったら、100円でも金を出したことに腹が立つ。
 ちなみに食事代で、一人3000円以上出させるのは、飲食業界の難問である。高くて美味しいのは当たり前。安くて美味しいところは、ある方が不思議。
 結局、どなたも用心深く新しい店を開拓するのを躊躇するので、難問になるのだ。 25年前マキシム・ド・パリに並んだという評判もあったレストラン(もう潰れた)の経営者がこぼしていた。事情はまったく変わっていない。安酒とおもしろくもない会話に、万単位の金を払うのに不思議なことだ。
 閑話休題。
 エネルギッシュな若い<やまけん>の舌だし、紹介されているハイカロリーの美味の数々を試し食いのできない私には、ちょっと疑いの気持ちもあった。
 ふふふふふ。美味い(^!^)
 新鮮なイチゴとキウィ。さっぱりした生クリームはよくある。包みこんでいるロールが口の中でさっと崩れていくのが素晴らしいのだ。
 うん、うん。……ますますもって、ガイドに紹介されている美味の山を食べたくなってしまった。
yamaken 方法がないわけじゃない。
 女の子たちを誘って、彼女たちの食べ残しを少しずついただけばいいのだ……。
 本日も1890円400gMサイズを八等分して、
50g(推定240kcal)だけいただきました(´ヘ`;)
ag_catwalk哀れとおぼしめしましたら、
馬鹿だねと
↑応援クリックしてくださいませ(´ヘ`;)

|

« おいしい水 | トップページ | 甘味遭遇戦 序説 »

コメント

小さく、切れているのはないのかしら?
私、大きいのだと、我慢するのが大変なのです・・・。

投稿: 美和ノ輔! | 2005年8月 8日 (月) 00:45

100gにカットしてお店で食べられます。その代わりショーウインドウがすぐ目の前にあるので、もっと食べてしまいます……。危険!

投稿: 管理人 | 2005年8月 8日 (月) 01:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/4295745

この記事へのトラックバック一覧です: さっぱり系甘味:

« おいしい水 | トップページ | 甘味遭遇戦 序説 »