« ウサギ食じゃないぞ | トップページ | 限界量検証実験5日目 »

2005年5月 5日 (木)

限界量検証実験4日目

「あんこの三日断ち」
 これは、食事制限に抵抗する古手の糖尿病患者さんのセリフ。
 やらされている――そういう意識があって、恐怖の大王(医師/看護師/栄養士)の支配から抜け出す、裏技だった(´ヘ`;)
 大王もさるもの今はヘモグロビンA1cなどで、120日前からの食事状態がばればれとなり、過食を隠すことはできない。

 3月の検査でヘモグロビンA1cがちょっとだけだが、上昇(´ヘ`;)
 何より食後2時間値が以前より悪化しているような気が……。
050505pm19date いろんな思惑を込めて始めたが、ほしいデータにならない。設定を変えてしめしめと思ったら、今度はうっかり食事間隔をあけ過ぎた。
 7時間あけて歩いてきてみたら、血糖値アップ。……何も食べていないのにぃ(´ヘ`;) 血液内グルコースが枯渇。そこで動き出したから、筋肉か脂肪を分解したんだろうなあ(´ヘ`;) 少しくらっとしたから、出る前に測定すべきだったんだなあ……。

 体内のグルコースは、いろんな要因で乱高下する。
 血液と脳が要求するので、空っぽになれば肝臓のグリコーゲンあるいは脂肪を分解して補充するし、興奮――泣いても怒っても血液中にあふれ、炎症が起きれば、それっとばかり体内で大増産。
 血糖値はその程度のデータである。数値に一喜一憂するのは、間違っている。信用するのも危ない。
 健康な人は、グルコースをグリコーゲンに変えるシステムが強力である。私にもそういう時代があった。
 現在の、体重 60kg  (昔は72kg) 
 空腹時血糖値105   (昔は95 デブなのに、この数値!)  
 多少の中性脂肪など、全部弾き飛ばしていたらしい。 インスリンの量が欧米狩猟民並みに多いのか、体内組織(筋肉)のレセプターが多いのか? 
 その辺はまだ判断がつかないようだ。いずれにしろ、健康人のダイエットに、そのままのデータは使えない。下手をするともっと食べていいサイン(´ヘ`;) に取られ、太りかねない。

 4月に入ってから、少し食事量を抑え気味にした。低めに安定させて、限界量の再検証――特に超美食をした場合の変動を知っておきたかったのだ。
 ???と二日目の朝食後2時間値がシャレにならない(´ヘ`;)
 あわてた(´ヘ`;) 
 200mg/dℓオーバーは、病状悪化! ン?
 この数字はブドウ糖75g負荷試験のデータ。つまり吸収率は高いがたった300kcalの糖質を取った場合であることに気がついた。私の不安に、担当の先生が驚かなかったわけである。
 アホらしい。
 前提を間違えるとデータは、まったく違う結論を導き出す

 仮説に近い数値が出てきたので、近日中にWEBサイトの方にアップする予定。
(ここまで書いて出かけて、しくじったんだよね。あ~あ)
 

|

« ウサギ食じゃないぞ | トップページ | 限界量検証実験5日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/3956514

この記事へのトラックバック一覧です: 限界量検証実験4日目:

« ウサギ食じゃないぞ | トップページ | 限界量検証実験5日目 »