« 『医者に遠慮する患者は長生きできない』 | トップページ | 限界量検証実験4日目 »

2005年5月 4日 (水)

ウサギ食じゃないぞ

beans_tomato
 必殺カロリーダウン食、第2弾。
 三種類の豆に、トマトと胡瓜を山ほど入れて、331kcal。
 いくら胡瓜の美味しい季節で、昔からトマトが好物だといっても、このままではウサギ並でうんざり。
 そこで一工夫。

cheez 桜子さんの美健楽ダイエットが、保存版でまだ見られます。毎日更新のダイアリーではなくなりましたが、感激のボランティア精神でしばらく残してくださるようです。多少でも経費は発生しているはずです。好意に甘えるなら今の内です。
 リンクが切れてしまったら、ごめんなさい。 膨大なエントリーですが、ダイエット全分野を網羅しています。このトラックバックのような食材関係から、消化吸収運動消費の代謝情報、そしてココロケア! 
 ダイエットも糖尿病の血糖管理も、生きていく上ではまったく共通なのです。
 ビジネスパーソンとして多忙な毎日を送りつつ、押えるべきところは押える桜子さんの姿勢は、現役の方にとって、とても参考になるでしょう。連休も後半、そろそろ時間をもてあましているなら、初めから全部ゆっくり読んでください。それだけの価値は保証します。
 写真もたくさん掲載されているので、まさしく女性週刊誌を見る感覚です。データだらけや理屈だらけの医療関係者の説明より、すんなり頭に入ってきます。
 ……饒舌がちょっとすぎるかもしれません。うん、そのくらいのおしゃべりは、ボランティアなんですもの。こらえて聞きましょう。
 
 パルメザンチーズには、日本人になじみの深い昆布だしや味の素と同じ、"うま味成分”が入っているからです。つまり天然の洋風版味の素なんですね。
 少量のダシの素を振りかけて塩味をとり、ドレッシングなしでも食べられないことはない。野菜摂取の強迫観念で我慢して食べる? いいや、そんなつもりじゃなく美味しい。ずっと不思議に思っていたら、そういうわけだったらしい。
 蛋白質1単位(80kcal)分――プロセスチーズでは淋しすぎるから、ドレッシング代わりのつもりだった。物は試しってやつですねえ(^!^)

 トマト130g24kcal 胡瓜は240g32kcalが標準 
 カットすると捨てざるをえない独り者なので、量はその都度変動。まあ気にする必要はない。
 パルメザンチーズは20g 食品交換表より脂質が21kcal多いが、誤差の範囲。食物繊維は4g相当(豆の含有量は不明)。一日当たり所要量20-25gには足りないが、次の食事までは、十分腹持ちがする。
tomato130kyuribeans
 豆は、ガルパンゾ、マローファットピース、レッドギドニーの混合。120g181kcal。
blog_bana←役に立つかどうかわかりませんが、多くの人の目に触れたらと思っています。ふむふむと御理解いただければ、クリックよろしくお願い致します


|

« 『医者に遠慮する患者は長生きできない』 | トップページ | 限界量検証実験4日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/3983574

この記事へのトラックバック一覧です: ウサギ食じゃないぞ:

« 『医者に遠慮する患者は長生きできない』 | トップページ | 限界量検証実験4日目 »