« 摂取カロリーは一食400kcal | トップページ | 睡眠時間の有無は代謝とは関係ない »

2005年5月19日 (木)

噛もうが噛むまいが400kcal

ゆっくりとよく噛めば、腹八分でも.....................満腹感が得られます
糖尿病ネットワーク 糖尿病セミナー ...............食事療法のコツ(1)―基礎―食事療法Q&A
 昔から唱えられている呪文だが、引退生活――毎日が日曜日でもない限り、私にはそんなひまはない。40-50代のサラリーマンは、誰もがそう思っているはずだ。みんな忙しい。

 従って、いざ<噛み噛み>儀式をやらなければならないとなると、そこで人生が終った気になる。

「本能のままに食べ、本能のままに動けば健康だ」と豪語する人がいる。たまたま橋が落ちていないだけ。そもそも健常人は全部なかったことにできるし、健康診断時に医者の抵抗を突破すれば、症状が出るには時間がかかるからわからない(´ヘ`;)
 
 食欲本能ははうそつきである。いや、部分ごとの本能(代謝)は正直なただの化学反応だ。総合するとバランスが崩れてしまう。
 しかし腹八分の定量的データを、誰が把握するんだ? 
「よく噛みなさい」は呪術師の気休めである。
 自分をだましなさいと勧めているに過ぎない。

御注意 この400kcalは、私個人の(食後運動しない前提での)現時点の代謝機能についての数値です。 経年変化で私自身の代謝能力も変動します。数値の大小は、ご自分で各時点ごとに、把握してください。
  kellog  ケロッグのコーンフレークを朝食とすることが多い。  とりあえず玄米(GI値が低い)だしぃ、飲めといわれる牛乳180mlと合わせれば一日の必要ミネラルの半分がここで処理摂取できる。それより何より、朝忙しい時に手っ取り早く食べられる! それが最大の理由。

 パッケージに記載された一食あたり基準量が40gであることがずっと不思議だった。

 自分をごまかそうとしたって、噛もうがかむまいが、持たないよ! そこで60g取ることにしていたが食物繊維含有量は2.9g。一度粉になっているから、それほど吸収遅延を期待していなかったが、最初の2日のデータがよくない。これはショック! 
 実験結果を検討して納得した。他に蛋白と脂質さらには野菜を取ると400kcalになる。体の小さい人、高齢者の一食あたりの糖質は2単位(160kcal)を推奨されている。40gはまさにその量なのだ。
 
 あてにならない自分の感覚=食欲よりも、入力(摂取)量を限定し、それ以上食べるのをあきらめた方が間違えない。時間をかけてモムモムベチャベチャやって自分をだますヒマを作るくらいなら、仕事にかかって空腹感などどこかへ追いやった方が早い。ごはんを食べようがスルメをかじろうが、400kcalではどうせ4時間後に腹がすく。それが事実だ。
 
 ちょうどいいタイミングの記事が新聞に載った。
 5/17朝日新聞朝刊(たぶん首都圏版のみ)『大人のおやつのツボ』
 ポイントが3点ある。

1-食間が6時間以上のときに
2-200kcal以内で
3-夕食が深夜なら、軽食に
 働き蜂の帰宅は、なんだかだ笑われようと相変わらず遅い。
 酒をくらって遊び歩いている時もあるけれど、昼食後退社まで食事する機会のない人は多い。人減らしが横行して、個人の仕事量が増えているからなおさらだ。OL目当てで始めたオフィスグリコ<置き菓子>事業の利用者の7割が男性なのは、当然なのだ。出張先から持ち帰るお土産は留守番のOL向けだが、意外と男どもが食べてしまったりする。それは昼食後、8-10時間あいてしまうせいなのだ。
 ローソンのカロリー限定のオリジナル菓子広告みたいな記事だが、これは理にかなっている。パッケージがなくなればそこで歯止めになる。ちなみに甘味を食べないコツは、身の回りに置かない。それにつきる。
 記事で管理栄養士さんが、また寝言を言っている。
 栄養バランスの問題は確かにあるが「お菓子より軽い食事をする発想で」と助言してくださったのを、女性記者が<3>としてまとめた。3時のおやつが理にかなっているのは認めるのだが、これも「お勧めは乳製品や果物。三度の食事で不足しがちな栄養素も補えます」だそうだ。
 オフィスでそんなことができるものか。書類が汚れてしまう。OLさんたちがリンゴを切ってきてくれた時代もあったが、今時、皿や包丁を誰が洗う? 
 どうして、対象者のQOLを無視して自分のやりたいことを押し付けるのだろう。
 菓子がダメとなれば、面倒だ食事は仕事が終ってからと考える。そして長時間空腹後のアルコール投入。胃が傷むので脂物投入。酔っ払って帰宅。そのまま就寝。脂肪獲得! 悪循環。
 現場知らずの指示に従うものはいない。発病しても生活習慣を変えるのは難しいのだから、健常者が変えるわけがない。「うるせえな」だけである。逆に無条件降伏している患者には、管理栄養士は全能者として振舞える。「はい。はい」と素直だが、判っているかは、まったく別。面従腹背は日本の伝統という不幸な話である。 

 素直で真面目な患者さんも多い。
 かくして<モムモムベチャベチャ>儀式は成立する。
 テーラーメイド治療という言葉がある。個人個人に合わせた治療という意味で、これからの医療はそうなるというのだ。
 愕然としませんか? 
 医療側から見ると、それだけ人間の治療は難しいということで、それはごもっともなのだが、大昔の軍隊のように、衣服に身体を合わせろ! そういう治療を受けているということなのだ。 現代医学に対する幻想は捨てなければならない。特に慢性疾患に対しては、まだまだ無力なのだ
  
  Dr.PANDAの糖尿病こころのケア
  <食事療法の落とし穴>

  

①私の経験では、多くの患者さんが、本当に厳格な食事プランを実行しようとしております。半数の方は、結果的に実行できず失敗し、半数の方は、出来てしまうが故に、少ない食事に苦しんでいらっしゃいます


 ほとんどの場合、最低生活強度(つまりは長期入院生活者向け)のカロリー摂取を指示されるはずだ。なぜなら、糖尿病/血糖管理不全の実態を把握して、正確な治療方針を立てるには、そこから始めるのが一番間違いない。これは実験の基本設定。
 インスリンの投入量も個人個人ばらばら。
 2003/06/30の投与量は? という質問。 大学の講義みたいで一方的な、いかにもあんたたちわかんないだろうと思っている様子が見え見えなのが不愉快で、何だこの野郎(おっと女性でした)とぶつけたら、正直に「それはわかりません。知るために投与するんです」
 この答え方には感動した。一緒に考えてくださっている誠意がわかったからだ。
 インスリン投与は、超速効型の登場もあり、比較的結果に対する解析が可能になったようだ。しかし食事療法は、効果の判定に時間がかかる。運動、ストレス、アルコール摂取、喫煙と謎を作る要素がいっぱいある上に、何より患者の申告の信頼性が疑わしい。人によっては頭から疑っている。インフォームドコンセントどころじゃない。そうなると治療側は安全を重視して、少なめにせざるをえない。――医療訴訟を恐れているのではなどと言ってはいけない。それが血糖管理治療の今の状況なのだ。
 
 身体に合わない食事療法に対して、管理栄養士様を教祖として、<モムモムベチャベチャ>儀式と<歩け歩け行列>が開始されるが、だぶだぶの服はいずれ破れる時が来る。現実に理想を合わせるのは無理であることは、あらゆる歴史に証明例がある。 2004/10/6の普通の糖尿病治療法の一例にも書いたように原理原則がわかっていないと、続けるのは非常に困難なはずだ。それでも無理矢理本能を押さえ込んで、モーゼの十戒を守り通した方はガリガリにやせて気力をなくし、空腹に耐えかねて少しずつ掟を破り、しまいにはどうでもよくなってしまった方は血糖値を悪化させる。
 上のDr.Pandaのブログは、私が聞いている糖尿病患者さんたちの末路の例にまさしく符合する。
 自分で食事(入力)管理しその後の血糖(出力)管理をしなければ、この悪夢の食事療法をぶち破って、美味しいもの、脂肪たっぷりのケーキを食べることは健康と気力にあふれた生活はおくれない。
 
cat_back やれやれ。
 ここまで付き合ってくださいましたか? 
 本当に長くて申し訳ありません。
 うかつなことは書けず、さりとてパワーもほしい。手間ばかりかけても、なかなかうまく書けません。もう一息でサボれるガンバレと思ってくださるなら、一日一回上をクリックして下さい。これだけやって読まれてないとなると、やっぱり疲れるのです。
 

|

« 摂取カロリーは一食400kcal | トップページ | 睡眠時間の有無は代謝とは関係ない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/4189562

この記事へのトラックバック一覧です: 噛もうが噛むまいが400kcal:

« 摂取カロリーは一食400kcal | トップページ | 睡眠時間の有無は代謝とは関係ない »