« 苺の季節が終る。 | トップページ | 介護ホームのディナーを相伴 »

2005年4月26日 (火)

オーナーは素敵

subway
忙しくってどうにもならなくって選択に迷う時、ちょっと食べすぎてしまった時、そんな時SUBWAYのローファットローカロリーサンドイッチは神の助け。

 脂質8g以下のレシピを6アンダー8グループとしている。6アンダーの意味は忘れてしまった。(野菜6種類の意味でした)
 もちろん条件がついていて、パンはウィートかホワイト。小麦粉以外使用していないものを選択すること。当たり前だが、Mサイズだけが適用。野菜たっぷりでソースをチリトマトにすれば完璧。
 お気に入りは、サブウエイクラブサンド。285kcalで済んじゃうのだ。(お気に入りっていうより、データ管理が面倒なので、PCでコピーが使えるように変更したくないだけだったりして)
 これにブラックホットコーヒーを飲めば、エネルギー充填完了。6時間使用可能となる。
 ひまな時は、ダブルチョコクッキー(それだけで210kcalもある)を食べたいがために行ったりもする。ちょっと脂質過剰だけど、あわせても標準食事量だもんね。
 健康ブームの北米都市部で流行ってそうなメニューなのだが……。
 都心、副都心の繁忙店へ行くと、流れるような注文(ワンパターンなので)に、てきぱき応対。
 ストレスの溜まるひまなどなく心地良い。
 問題は、ちょっとひまな店。せっかくのローカロリーレシピだってのに……。
「チーズのトッピングはいかがでしょう? ポテトは?」
 商売熱心なのは良いことで、声かけは売上増進の大黒柱。しかし経営サイドの意思がわかっていないんじゃ逆効果。そんなものを勧めるくらいなら、こんなレシピは売るな! 
 残念なことに、時折り眺めていても、ほとんど売れていない様子。客寄せ看板になっている雰囲気もない。
 本物の健康指向が日本に根付くのは相当先の話なんだろうね。
 善悪じゃ商売は続かない。頑張れ、オーナー! 

|

« 苺の季節が終る。 | トップページ | 介護ホームのディナーを相伴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/3845218

この記事へのトラックバック一覧です: オーナーは素敵:

« 苺の季節が終る。 | トップページ | 介護ホームのディナーを相伴 »