« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月30日 (土)

必殺カロリーdownトムヤムクンもどき

050430999
 050430894
 月末だ。帳尻あわせ(^!^)
 本当はこんな料理なのだが……似ても似つかない。
 管理栄養士さんに、トムヤムスープの是非を聞いたら大丈夫との回答だったが、こんなに食べるとは気がつくまい(´ヘ`;) スプーン15g当たり45kcal。それだけなら無視していいカロリー量なんだけどさ。


続きを読む "必殺カロリーdownトムヤムクンもどき"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年4月28日 (木)

介護ホームのディナーを相伴

 一昨日、北海道札幌まで遠征。たまには行かないと(´ヘ`;)
050426
 お年寄り相手だから当然の話だが、介護ホームの食事量はローカロリーが基本。
計ったような量にちょっと驚いた。ぴったり500kcalと見た。
 月に一度管理栄養士のメニュー指導があるが、特に難しい計算はしていないそうだ。
 

続きを読む "介護ホームのディナーを相伴"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月26日 (火)

オーナーは素敵

subway
忙しくってどうにもならなくって選択に迷う時、ちょっと食べすぎてしまった時、そんな時SUBWAYのローファットローカロリーサンドイッチは神の助け。

続きを読む "オーナーは素敵"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月25日 (月)

苺の季節が終る。

050425001カロリー上もっともたくさん食べられるフルーツ。それだけ水分が多いってだけのことだけど、250gで80kcal。
 標準パックの平均重量は320g程度だから、これを全部食べても100kcal程度。
 バナナだと100gなので中一本。……食べた気がしない。柑橘類(酸っぱい系)はけっこう許されるが、ミカンでも、中2個で終わり。
 女性がやめられないわけである。健康にいいと思い込んでいたら尚更だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月24日 (日)

徹夜仕事時の食事量は?

 いつもの時間に目覚め、電車に揺られて定時出勤。一定量の仕事をこなして退社。晩酌をしつつ野球中継を見て、終ったら眠る。
 そんな生活は退屈で嫌いだし、業界につきものの納期遅れに、時差二時間ある連絡業務の関係で、どうしても眠る時間を削らなきゃいけない。
 三食食べるのはいいが、世の中の人が寝ている時間のエネルギー補給はどうすりゃいいんだ?
 今日も今日とて、昨日の16時から目覚めっぱなし。書き始めると止らないんだよなあ。

続きを読む "徹夜仕事時の食事量は?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月23日 (土)

一日三食が基本

 日付が変わった後に、甘味を含めて1043kcalも食べて、まとめようとしたが挫折。
 ちょっと横になったのは3時過ぎ。二度寝、三度寝を繰り返して、気がついてみれば16時過ぎ。困ったもんだ。

続きを読む "一日三食が基本"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月20日 (水)

リアルタイムでなかったお断り

 左に2001/9月がスタートとありますが、これは、おや? と糖尿病の合併症である末梢神経障害に気づいた時をスタートとしたかったからです。
 過去にさかのぼってエントリーしています。この方が、発病→インスリン投与の実際→食事と運動管理→日常生活レベルへの復帰→カロリー摂取限界の発見と経過を追えるので便利だと考えました。
 いろいろあったのですが、本日よりリアルタイムでのエントリーとします。

 3月分を近日中に一括エントリーします。
 平均カロリー削減の必殺野菜レシピなどを乗せる予定です。

続きを読む "リアルタイムでなかったお断り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月19日 (火)

食学塾二次会 野菜づくし

 人気ブログ<やまけんの主張食い倒れ日記>に告知のあった食学塾のセミナーに行った。今回のテーマは『食を育てる、食が育てる』食育・農育。
 ちょっと大きそうなテーマだけに、どんな展開になるか期待していた。
 若いパワフルな山本さんが絡んでいるだけに、過去のテーマは良い<食>の追求だったから、縁遠かった。今回のパネラーが、低カロリーでも豪華なレシピ<美味良菜>を提供するNPOを運営している樋口さんだというのも、どんな話をするのか興味深かった。

続きを読む "食学塾二次会 野菜づくし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »