« 有史前:すい臓君健在 | トップページ | 有史前:退院 »

2003年7月 4日 (金)

有史前:糖尿病特別食

 味は絶品。もっと食べられればいいんだけど(´ヘ`;)
 体格と年齢で方程式があるようで、自動的に摂取カロリー量が決まってしまう。体の大きいKさんが羨ましい。
 コレステロールが高いので、卵が駄目っていうのも淋しい。
 患者同士がチーム組んで意見発表するグループワーク。
「私はこれで三回目の入院です。ここへ来るたびに調子がよくなります。食事はおいしいし最高ですね」
 冗談じゃない。ひまでひまで死んでしまう。 管理栄養士いわく「バランスよく組み合わせた食事であれば、カロリー量がその人にあっている限り、おなかは減らないはずです」
 それはびっくりするほど確かだった。問題はぴったりしすぎて、排泄するものがないこと。
 気配はあるが、何も出てこないのだ。便秘なんて初体験。とても悲しい。
 ――日記より。
 入院した際は58.9kgだったが、この日は56.5kgまで落ちてしまっていた。

|

« 有史前:すい臓君健在 | トップページ | 有史前:退院 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/3663449

この記事へのトラックバック一覧です: 有史前:糖尿病特別食:

« 有史前:すい臓君健在 | トップページ | 有史前:退院 »