トップページ | 有史前:半自覚症状2 »

2001年9月24日 (月)

有史前:半自覚症状1

 喉が乾いて、頭が重く、睡眠過剰。血糖値を計らねば、か。それ以前にストレスだよね。逃げ場が見当たらない。
 ――日記より。
 セリエAを三試合連続、6時間見るようなひまな日々が夏休み以降続いていた。炭水化物大量摂取はともかく、運動不足でインスリン抵抗性がでてきた時期だろう。仕事自体が減って気が抜けたせいとも思っていたが、やたら眠い。ぼちぼちトイレへ行く回数が増えていたと思う。

cat_backようこそ、過去の世界へ
←役に立つかどうかわかりませんが、多くの人の目に触れたらと思っています。ふむふむと御理解いただければ、応援クリックよろしくお願い致します。

|

トップページ | 有史前:半自覚症状2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/3651903

この記事へのトラックバック一覧です: 有史前:半自覚症状1:

トップページ | 有史前:半自覚症状2 »